誰が考えることなのか

焼畑5年目の山の緑。年に一度の草刈りと牛がときどきあがること、それらのバランスが整った場所だとこうしたつる性の多様な植生と種々の低灌木の幼樹が土を肥やしながら、次なる奪還者の到来を準備するのだろう。しかし、他の場所ではヨモギとセイタカアワダチソウが少しずつ裾から上へとその版図をひろげつつあり、どうしたものかと、梅雨の霧雨のなか、佇み考えてみた。いまのうちに抜き去るか、何か他の手立てを講じてみるか、何もせずに「自然」に委ねるか。あぁ、それにしても、雨がうれしい。

P1290461-2

それは「山」が考えることですから。
と、この山をみている庭師がいたのなら、私に言うのかもしれない。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です