コンテンツへスキップ

本の記録〜2018年11月9日

島根大学付属図書館にて、資料の複写と閲覧。その備忘である。

◉青木繁,1966『豊後の茸師』(富民協会出版部)…匹見に茸づくりを伝えた三平について、この文献を参照する資料をいくつか見ていた。国会図書館にもなく、大学図書館で蔵するところも少ないのだが、なぜか島大にはある。2年越しの宿題をかなえるべく、のはずだが、やや拍子抜け。そこまで詳細なものはなかった。とはいえ、生年や経歴などがはっきり記されているのは、ほかに参照している資料があるのだろう。
・筍師三平
・享和3年(1803)、現在の大分県津久見市彦之内に生まれる。天保5年から同10年まで深場官山の藩営事業場でシイタケ栽培の講習を受け、同11年から嘉永5年まで、現在の島根県津和野町匹見に居住しシイタケづくりに励んだ。

◉和歌森太郎編,1963『美作の民俗』(吉川弘文館)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です